SCLとは

ライフサイエンスの
スタートアップエコシステム
として成長を続けるラボ

スタートアップ・クリエイティブラボ(SCL)は、ライフサイエンス分野に特化した研究開発型スタートアップのためのシェアラボです。「研究に没頭できる場の提供」、「資⾦調達・⼈材確保等」の両輪で、シード・アーリーのスタートアップの事業推進を支援する体制を整えています。また、神戸市が主導し、⽇本最⼤級のバイオメディカルクラスターに成長した神戸医療産業都市の地の利を活かし、医療系企業や研究施設と連携したエコシステムの醸成を実現します。
  1. 1

    リバネスの
    知識プラットフォーム

    大学・研究機関、大企業、町工場等が集まるリバネスの「知識プラットフォーム」も活用した、事業連携、共同研究、プロトタイピングなどもあわせて入居スタートアップの事業化を推進。
  2. 2

    研究促進クラウドシステム
    「reprua」を導入

    研究試薬・消耗品の購入や購買から在庫管理までを一元化するクラウドシステムを導入。事務作業を極限まで減らしながら、適切な管理体制を整えます。
  3. 3

    SCLサポートチーム

    人材会社、受託会社と連携し、研究開発支援・事業支援を円滑に行う体制を構築。人材採用や研究のアウトソーシング等、ご相談頂けます。
  4. 4

    神戸医療産業都市の
    専門的サポート

    製薬企業出身者との相談、医療機関との連携、PMDA事前相談など、神戸医療産業都市のリソースを最大限に活かした様々なサポートを受けることができます。

入居企業

フロア案内

受付時間

平日9:00~17:00(窓口対応)

(入居者は24 時間365 日利用可能)

シェアラボ

ベンチ23 台

シェアオフィス

デスク 20 席

個室

6室

(38㎡)

フロア見取り図
  • シェアラボ(SCL Open Lab)

    4つの実験エリアからなるオープンラボ(全体で260㎡)
    1ベンチのサイズ:1500×750 mm(ベンチの利用は1社あたり最⼤2台)
    シェアラボ利⽤者は、常設の実験機器を無料で利⽤可
    シェアラボ利用者なら無料で利用できる実験機器を常設
    P2レベルの実験可能

    ◆4 つの実験エリア◆
    ・Microbiology/General Preparation Room
    ・BSL1 Open Lab
    ・Microscope Room
    ・BSL2 Open Lab

  • Microbiology/General Preparation Room

    微生物操作や化学薬品の調製が可能

    〈実験機器〉
    ・ドラフト
    ・安全キャビネット
    ・恒温乾燥器
    ・乾熱滅菌器
    ・遠心機
    ・フリーザー(-20℃, -80℃)
    ・薬用ショーケース(4℃) etc…

  • BSL1 Open Lab

    P1レベルの細胞操作や分析が可能

    〈実験機器〉
    ・クリーンベンチ
    ・CO2 インキュベーター
    ・純水・超純水製造装置
    ・リアルタイムPCR
    ・サーマルサイクラー
    ・遠心機
    ・フリーザー(-20℃, -80℃)
    ・薬用ショーケース(4℃) etc…

  • Microscope Room

    オールインワンの蛍光顕微鏡を完備

    〈実験機器〉
    ・オールインワン蛍光顕微鏡
    ・化学発光・蛍光撮影装置(CCD タイプ)
    ・プレートリーダーetc…

  • BSL2 Open Lab

    P2レベルの実験が可能

    〈実験機器〉
    ・安全キャビネット
    ・液体窒素保存容器
    ・CO2 インキュベーター
    ・セルカウンター
    ・遠心機
    ・フリーザー(-20℃, -80℃)
    ・薬用ショーケース(4℃) etc…

  • シェアオフィス(SCL Office)

    20台のデスクを備えた入居者用オフィス(全体で70㎡)
    1社あたりデスク1台をレンタル可能(鍵付きキャビネットが付属〉
    共有の複合機やシュレッダーが利⽤可能

  • 個室

    38㎡の個室ウェットラボ(内装あり)
    詳細は以下URLを参照
    https://www.kups.jp/clik/index.html#overview

施設概要

利用料金(税別)ベンチ: 13万円/月
デスク: 3万円/月
個室(38㎡):178,600円/月
※神戸市の賃料補助制度を利用可能
ラボの特徴・動物施設併設
・P2レベル
・24時間実験可能
・神戸空港から10分
利用可能機器
※費用の範囲内で利用可能なもの
・安全キャビネット
・ドラフト
・CO2インキュベーター
・ハイブリダイゼーションインキュベーター
・超微量分光光度計(Nano drop)
・リアルタイムPCR
・マルチプレートリーダー
・オールインワン蛍光顕微鏡
・恒温乾燥機
・培養顕微鏡
・セルカウンター
・純水製造装置
・イオン交換水製造装置
・電子天秤
・冷蔵庫
・フリーザー(-20℃)
・ディープフリーザー(-80℃)
・ボルテックス
・クリーンベンチ
・オートクレーブ
・遠心機
・pHメーター
・製氷機
・サーマルサイクラー
・ヒートブロック
・化学発光・蛍光撮影装置( LAS)
・ウォータバス

当施設へのアクセス